忍者ブログ
札幌の劇団Introの面々が つらつらと色々書きつらねるブログ
ついった〜はじめました
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
[260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おはようございます。

菜摘あかねです。
何度もブログを書きかけては消し、書きかけては消し、を繰り返してひと月がたちました。ごめんなさい。今日こそは消さない宣言をして書きます。

私たちが経験したことがないような震災が起きてからもうすぐ2ヶ月がたちます。
被災された方に、地域に、1日でも早い安心な暮らしを、と願っています。

私の気持ちも3.11からなかなか動けずにいます。あの震災のあと、個人的には大きな出来事がいくつもあったけど、それらはむしろ遠い遠い昔の出来事で、3.11がぴたりと私の側から離れません。

私は4月17日から一週間、宮城県に行ってきました。
避難所を回って、障がい者の安否確認と実態調査のようなことをしてきました。
ボランティアにいくにも、少しでも自分の特性をいかして、と思って、障がい者団体のお手伝いをしてきました。

仙台に足を踏み入れたときは、あまりいつもと変わらない風景に驚きました。札幌の街のような、都会、たくさんの人。ザックを背負った私がむしろ場違いのような感じをうけました。


しかし、一度、沿岸部に行けばそこは1ヶ月たったとは思えない光景が広がっていました。

畑に刺さる車。
あちこちに転がる色とりどりのプラスチック。
壊滅した街。
骨組みしか残っていない庁舎。
建物の屋上にひっくり返る車。
瓦礫からのぞく写真。
陸に乗り上げた船。
なぎ倒された電信柱。
遺体を探す自衛隊。
止まった時計。
避難所に並んだ布団に並んだ寝たきりのお年寄りたち。
消毒液と排泄物の匂い。
民間の前に並ぶ災害ゴミ。
行方不明者を探す張り紙。
津波の恐怖を語るおじいちゃん。

海水に負けず咲く、花。
子どもたちの笑顔。


たくさんのものをみて、聴いて、思って、帰ってきました。


あたしが離れたこの札幌で出来ること。
introが出来ること。

しっかりちゃんと考えていきたいと思います。



菜摘


写真は宮城県女川です。

ささ、のしろさん春ですね。お花見なんていかがですか?



拍手[4回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
次回 公演情報!!
☆ 次回公演 ☆

詳細まて!
introとは
札幌の劇団です。
脚本・演出のイトウワカナほか、俳優6名、音響1名で構成されています。 メールはこちら
バーコード
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]